原因−加齢

顔のたるみの原因としては、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

顔のたるみの原因を特定することで、今後いかに防いでいくかが分かってくると思います。

原因としては大きく3つに分けられるといわれています。

顔のたるみの3つの原因に思いあたることがあったら、是非今すぐにでも改善をしてください。


・加齢その1
顔のたるみの原因としては、加齢やストレスなどのために、皮膚の血流が悪くなってしまい、皮膚に老廃物が溜まり、皮膚に弾力がなくなってしまうことが考えられます。

加齢による顔のたるみは、誰でも当てはまる原因となるでしょう。

誰でも歳はとりますからね。


・加齢その2
顔のたるみは顔とはいっても、出やすいところ、出にくいところがあります。

加齢による顔のたるみは目元や顎、頬などにでることが多いです。

加齢により血流が悪くなったり、皮膚の弾力がなくなってしまうことは、ある程度はしょうがないことなのかもしれません。


・加齢その3
顔のたるみが加齢によるものだとしたら、やはり加齢によって失われてきた皮膚にとって大切な栄養素などを外部から摂取する必要があります。

たとえばコラーゲンは減少すると皮膚のシワやたるみが進行します。

コラーゲンは化粧品や健康食品などで補うことができます。